Web Marketing Blog

株式会社プレスマンのWebマーケティング部によるスタッフブログです。

ECサイト運営

ECサイト運営|Amazonプライムデーが今年も開催されます

投稿日:

Amazonタイムセール祭りについての記事はこちら

ECサイト運営|Amazonタイムセール祭り

2019年もAmazonプライムデーが発表されました。

会期は?

2019年は7月15日(月・祝) 0:00から7月16日(火) 23:59まで48時間

となっています。
2018年は7月16日(月・祝)12:00から7月17日(火)23:59までの36時間だったので、12時間延長となりました。
2017年7月10日(月)18:00から7月11日(火)23:59の30時間

年々期間が長くなり、それに伴って規模も大きくなってきている印象を受けます。

プライムデー特設ページ

プライムデー特設ページは上記クリックしてください。

タイムセール商品を投入しましょう

可能な限り、タイムセール商品を投入しましょう。

Amazonのプライムデーは、簡単にいうと毎月実施されているタイムセールの規模拡大バージョンです。

通常のタイムセールはテレビCMなどの訴求されることが稀ですが、プライムデーはテレビCMをはじめ各所でプロモーションを展開する大々的なイベント(お祭り)となります。

この機会に売りを作らなければ、7月8月を乗り切れないので、タイムセール商品を数多く掲載することがいいと思います。

※ショップによっては「タイムセール商品しか売れない」という現象になる可能性もあります。

Amazonの問題点

ECサイト運営をしていると、Amazonの問題点は皆さんご存知だと思いますが、今一度記載します。

・同じ商品は安いものに競争力がある(型番商品)
・商品数が膨大でなかなか検索にヒットしない商品がある
・同時に購入されることが少なく、単品買いのお客様が多い

上記のような問題点をAmazonは抱えています。

型番商品

型番商品を扱っているショップであれば、安いショップに競争力があり、カートボックス獲得やユニットセッションが高くなります。
なので、他店よりも1円でも安くすると、早く現金化することができます。

しかしながら、型番商品を扱っていると、値つけも難しいですよね。
オススメは、安いショップを目指すのではなく、2番目または3番目ぐらいの価格にしておくことがいいと思います。

最安値を獲得しようとすると、他のショップとの叩き合いになり、結果体力のある方が勝ちます。

ただ、最安値のショップにどれだけ奥行きがあるかも、重要になります。

いつも安く売っているショップは、在庫の奥行きがあまりないことがあり、2番目3番目の価格をつけていても、最安値ショップの在庫がなくなれば売れていきます。

検索にヒットしない

Amazonは膨大な商品数のため、ユーザーが検索で商品を探そうにもなかなか探せないことがあります。

しかも、商品一覧の画面で、一定数を超えるページ遷移をすると最後の商品に到達してしまうこともあります。
これは最後まで閲覧しているのではなく、AmazonのAIで必要と考えられるページ遷移をすると、それ以上商品を掲載しないようにしているからです。

型番商品では難しいですが、プライベートブランドや、独自商品を展開しているのであれば、管理画面の商品の詳細情報に「検索キーワード」という項目があります。

この項目に必要な情報が網羅されているかもう一度確認しましょう。

単品買い

Amazonの商品は、出品しているショップの軸で見ることはあまりできず、商品単体で見られることがほとんどです。
ですので、「複数買い」、「同時購入」などをやりにくいカートになります。

ただ、同一商品を複数買うと「●%引き」や、同一ショップから複数買うと「●%引き」など管理画面で設定できるので、こちらの機能を利用することで、同時購入点数を増やすことが可能となります。

最後に

プライムデーの施策として以下の優先順位で準備を進行してください。

1.タイムセール商品の投入

2.検索キーワードの整備

3.単品買い対策

4.価格の見直し

タイムセールに商品を投入できればそれに越したことはないので、第一優先で作業を進行します。

タイムセールに商品を投入できなくても、2および3は設定できると思います。

2と3は恒例的に利用できる施策となるので、設定方法の確認をしながら、設定してください。

タイムセール商品は、価格を下げなければいけませんが、それ以外の商品の価格を下げるのは、他の施策が終わって余力があればという感じです。

価格を下げるのは最終手段だと思って、プライムデーの準備を進行しましょう。

-ECサイト運営

Copyright© Web Marketing Blog , 2019 All Rights Reserved.