Web Marketing Blog

株式会社プレスマンのWebマーケティング部によるスタッフブログです。

SEO

SEOに強いコンテンツの作り方のコツ【Part1】

2019年2月26日

WEBページを作るに当たって、せっかく用意したコンテンツならGoogleの検索結果で上位にもっていきたい!と思いますよね。

Googleで上位にあげることをSEOと呼びます。

今回はSEOに特化したページを制作するために必須の内容をマニュアルにまとめました。

こちらのPart1では、ベースとしてテキストを作っていきます。

ちなみに本記事のアイキャッチのように、ページ内容とまったく関係なくてもネコの画像などはクリックされやすいようです。笑

キーワード選定

書こうと思っているワードを調査します。

この自分の狙うキーワードで検索した時にgoogleで上位に出す、というのがねらいです。

(1)googleサジェスト
google検索した時に下部に出てくる「関連キーワード」の部分です。

キャッシュなどでの上位表示をリセットするためにシークレット(プライベート)ウィンドウで開いて検索します。

シークレットウィンドウの開き方
・Safari、Firefoxの場合
上部バー > ファイル > 新規プライベートウィンドウ
・Chromeの場合
上部バー > ファイル > 新規シークレットウィンドウ

(2)GOODキーワードによる選定
より多くのキーワードを選定できます。
GOODキーワードはこちらから

見出し作成

記事の骨子となる見出しを制作します。
下記をベースに、トピックスとなる部分は足したり不要な部分は省いたりなど、適宜編集します。

<例:商品の場合>

  • 特徴
  • 成分
  • 使い方
  • 選び方
  • 使った感想
  • 価格比較
  • まとめ

記事の制作

作った見出しに肉付けする形で記事を入れ込みます。

◎ポイント
・〜そうです。〜とのこと。などの曖昧表現を避け断定する
・1見出しごとに自分の結論を持たせる
・コピペは禁止

タイトル・ディスクリプション作成

・タイトル
-30~32文字(全角1文字、半角2文字カウント)
-取りたいワードを前に持ってくる

目安としてこの長さをコピペして揃えて書きます
`01234567890123456789012345678901`

・ディスクリプション(120文字前後)
-キーワードは2回入れる
-タイトルに入れきれなかった関連ワードを入れておく
-支離滅裂な文章にならないようにする

まとめ

Googleの検索結果のSEOに特化したページを制作するためのマニュアル【Part1 ベース作り編】でした。

SEOをあげるには、ユーザーにとってわかりやすい文章、飽きない構成、スマホでの見やすさなど、UIの部分も丁寧に制作していくことがポイント。

続きは【Part2 外見を整える編(執筆中)】にてご紹介します。

私たちと一緒に働きませんか?

株式会社プレスマンでは、 Webマーケティングが大好きな方、仕事を通してさらにスキルを磨きたい方を募集しています。まずはお気軽にお問い合わせください。あなたとお会いできるのを楽しみにしています! お問い合わせはこちら

-SEO

Copyright© Web Marketing Blog , 2019 All Rights Reserved.