Web Marketing Blog

株式会社プレスマンのWebマーケティング部によるスタッフブログです。

OJT デザイン

そのバナー、世に出す前に!チェックリスト

投稿日:

「広告打てることになったから、バナー至急よろしく!」

WEBサイト制作の現場はスピードが求められることが多いですよね。
特にECサイトを運営していると、モール店舗ごとに様々な施策が動き、作るバナーも多種多様。
そんな時、うっかりミスで修正が。。。前と同じ失敗で時間が。。。と、なりがちな人のために、個人的に意識しているバナーチェックのポイントをご紹介します。

〜 チェックを始める前に 〜
モニターとにらめっこでデザインをしていると、客観的にバナーを見れなくなります。一服したりコンビニで新商品をひやかしてから、新鮮な目でチェックにのぞみましょう。

サイズはOK?

□ 縦横サイズ
□ 容量サイズ
□ バナー点数

縦横のサイズが逆だった!なんて悲劇にならないように。画像ファイル名にサイズを入れるとわかりやすくてオススメです。
例えば横300pix、縦200pixのバナーの場合:
bnr_300x200.jpg

WEB広告用のバナーは容量の上限が指定されている事があるので、画像ファイルを右クリック「情報を見る」でチェック。

素材の扱いはOK?

□ 著作権
□ ロゴ・商品の扱い
□ 加工処理

使用しているイメージ素材は、正規のルートで入手したものですか?
ダミーで置いた画像の購入は忘れずに。

また、ロゴや商品画像は、使用のための細かいルールが決められている場合があります。
トリミングNG、重なりNG、傾けNG、etc.

画像の加工は、切り抜きが甘かったり、拡大縮小の繰り返しで画質が劣化していたり、レイヤーの順番間違えていたりしないかチェック。

要素はOK?

□ 必要な要素は入ってるか
□ 正しい情報か
□ 可読性があるか

必要な要素はもれなく入っているか、また、いらない情報が入っていないでしょうか。
訴求したい情報は価格ですか?商品画像ですか?日付ですか?
それが「一瞬」で伝わるデザインになっているでしょうか。

大きなモニターでデザインをしていると気づきにくいですが、ユーザーがそのバナー見るのはスマートフォンの画面上がほとんどです。文字が小さくて読めないことがないように意識してデザインを。
また、日本人男性約20人に1人の割合でいる色弱者には見えずらい組み合わせとなる、暗い背景に赤文字や緑文字などは避けた方がいいでしょう。

余白のバランス気持ちいい?

□ 意味なし余白

浮世絵のように斬新で狙った構図でない限り、意味のないうっかり余白は不安で落ち着かない印象を与え、イコールそれは商品の印象となります。

もったいない!誤字脱字

□ 年月日、曜日、時間
□ 英語の綴り、漢字の間違い

まず第一に自分を信じないこと。そして同じくクライアントも間違えることがあるので、信じるのはGoogle先生とカレンダーのみ!
(ただし違う月のカレンダーを見ないように注意)

ファイル名はOK?

ファイル名は、英数字で簡潔に。ただし英語の綴り間違いは地味に恥ずかしいので注意が必要です。
また、ファイル名に使わない方がいい文字や記号は意外と多いです。

ファイル名NG うっかりベスト3
「 x 」全角アルファベット
「 & 」アンド
「 – 」ハイフン   ※アンダーバー「 _ 」はOK

クライアントから支給されたNGファイル名のまま公開、なんてことにも気をつけましょう。

これはバナー以外にも制作物全般に当てはまるのですが、最終チェックの一番のポイントは「作成者を信じない」ことです。
自分がそのバナーを作った場合は、自分を疑ってください。

作るのも確認するのも人間の世界では、どんなに確認してもミスる時はミスります。そんな時は、気持ちを切り替えて、バナー道を極めてください。

私たちと一緒に働きませんか?

株式会社プレスマンでは、 Webマーケティングが大好きな方、仕事を通してさらにスキルを磨きたい方を募集しています。まずはお気軽にお問い合わせください。あなたとお会いできるのを楽しみにしています! お問い合わせはこちら

-OJT, デザイン
-, ,

Copyright© Web Marketing Blog , 2019 All Rights Reserved.